こんにちは。デリークキッチンのikuです。
2018年の後半に、ずっとずっと行ってみたかったマルタ共和国に行ってきました。

ご覧のとおり、信じられないほどキレイな海に囲まれた、
地図で言うとイタリアの下にある地中海の小さな島で、ネコが多いことで有名な国です。

イタリアが近いこともあり、パスタやピザなどイタリアンよりの食事が楽しめますが、
トルコから飛行機で2時間半と近く、おいしいトルコ料理も楽しめる国なんです。

今回はマルタで食べた数々の料理ではなく、とてもインパクトがあって、
意外だったフルーツについてご紹介したいと思います。

ちょっと郊外に行くと見渡す限りサボテンだらけ

ヨーロッパにサボテン、何だかイメージだとメキシコとか南米にありそうな感じなんですが、
街中を外れて少し郊外に出ると、どこもサボテンでいっぱいでした。

現地の人曰く、肌寒いことはあっても、一年中コートは必要ない気温で、
雨もあまり降らないらしいので、きっと育ちやすいんでしょうね。

マルタでは、おみやげ屋さんで、このサボテンの実でできたジャムやリキュールなどが、
名産品として、あちこちで売られており、
まずは、生の実を食べてみたくなってスーパーに探しに行きました。

これが、サボテンの実!

海外のスーパーでは、野菜や果物は1個○○円ではなく、重さで金額が決まるのが一般的で
マルタでもその形式での販売でした。値段は1個80円くらい。
よく熟れてそうな柔らかめのと、完熟前の実を2個買ってみました。

ホテルに帰って、早速よく熟れた赤い実から。
ナイフなんてなくても、スプーンでサクッと切れます。

まるでドラゴンフルーツの赤肉並みの濃い赤色の果肉が出てきました!
同じサボテンの実なので、果肉の食感はドラゴンフルーツやビワに似た感じです。

甘みがとても濃くて、ジューシーでおいしいのですが、石みたいに固い種がたくさんあるので、
ザクロみたいに、種を食べちゃってもOKな感じではなく、結構食べづらいです。

赤い実で満足したところで、未過熟の実へ。

今までの経験から、熟れきっていないこういうフルーツは、
酸っぱくて渋くて食べれないことが多いので、恐る恐るこちらも試食。

ところが、この状態でも十分甘くて渋さも全くなく、
まだ若い分、果肉がしっかりしていてこれはこれでとてもおいしい!
ビワの味をぎゅっと濃くして固い種をちりばめた、って表現がしっくりくるような感じでした。

日本ではなかなか食べることのできないサボテンの実は、
チュニジアやモロッコなどでも食べれるみたいです。
これから旅行に行かれる予定のある方は、ぜひ試してみてくださいね。
 

フルーツなのに見た目はヘビの皮。南国のフルーツはやっぱり深い! 外はヘビ皮、中は鶏肉
でもこれ、正真正銘フルーツなんです。

フルーツなのに見た目はヘビの皮。南国のフルーツはやっぱり深い!の記事は
画像もしくはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です