「トレビス」という野菜をご存知でしょうか?
きっと食べたことはあるけど、名前は知らなかったって方も多いんじゃないでしょうか?

少しほろ苦いトレビスワインレッド色は、ブルーベリーなどに多く含まれているアントシアニンで、
抗酸化作用も高く「サラダの名脇役」な野菜です。

脂質の低いカッテージチーズや、栄養満点のアボカドと合わせることで、
深みのあるゴージャスな仕上がりになるだけではなく、
低脂質で美肌に良い成分もたっぷりとれるサラダです。

ヘルシー志向なオリーブオイルと塩こしょうでレシピはご紹介してますが、
クリーム系のドレッシングや、ブルーチーズなどの青カビ系のチーズとの相性も抜群です!

材料(4~6人分)

  • トレビス        1/4個
  • ベビーリーフ      1パック
  • アボカド        1/2個
  • カッテージチーズ(粒) 大さじ3
  • 生ハム         30g
  • ブラックオリーブ    あれば少々
  • オリーブオイル     大さじ2
  • 酢           小さじ2
  • 塩           少々
  • こしょう        少々

1.トレビスと生ハムを手でちぎって、ベビーリーフとまぜる

2.オイル、酢、塩こしょうを混ぜてドレッシングを作る

3.アボカドは皮をむいて1.5程の角切りにし、2に加えて軽くまぜる

4.3のアボカドをドレッシングごと1とふんわり和えて、カッテージチーズを振りかけて完成

POINT

  • 分量はバランスよく作れる目安なので、お好みで調節して下さい
  • ドレッシングを使うときはオリーブオイルと塩こしょうは不要です
  • サラダは塩分のある食材を加えると水分が出るので、食べる直前に調理しましょう

カッテージチーズについて

カッテージチーズは脂質がクリームチーズの1/6~1/8(メーカーによる)と低く、たんぱく質もしっかりとれるとても便利なチーズで、海外のレシピでは食事からお菓子作りまでよく見かける食材です。粒タイプと裏ごしタイプの2種類があり、お値段もリーズナブルなのでぜひお試し下さい。

余ったカッテージチーズの食べ方

裏ごしタイプならオムレツに入れたり、ガーリックやドライハーブを加えてパンに塗ったり、粒タイプは茹でたかぼちゃとレーズンに和えたり、一番のおすすめはシンプルに「はちみつやアガベシロップをかけて食べる」です。甘いとしょっぱいのバランスが病みつきになります!

プレゼントみたいな寿司ケーキ 作ってみると意外に簡単!!
正月・お誕生日・ホームパーティーの寿司レシピ


プレゼントみたいな寿司ケーキのレシピは画像もしくはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です