こんにちは。デリークキッチンのikuです。

デリークキッチンでは春~夏にかけてはマニアックアジアなど、
スパイスやハーブを使った東南アジア系の料理が中心で開催をしてるのですが、
お店では食べれないような変わったものをお出しすることも多く、
お越しいただく方からは、ほぼ100%「こんな食材どこで手に入れてるんですか?」のご質問を頂きます。

なので、今回は東京近郊で私の知ってる「バナナリーフ」の買えるお店をご紹介しようと思います。

バナナリーフをどう使う?用途と使用量によって買う店を決める

私が知ってる限り、東京近郊で買えるものは、
ほぼ100%、真ん中の軸(芯)を外した「半身」の状態を折りたたんだものです。

 

左は、マレーシアのバナナリーフカレーです。
向こうでは、バナナリーフをお皿代わりにするときは真ん中の軸(芯)も付いたままなので、
奥行のスペースがたっぷりあります。

右のテーブルに敷いているのが日本で買える「半身」の葉です。

もし、バナナリーフをお皿代わりにしたい場合は、盛るものの内容にもよりますが、
目安として半身1枚で約3人分なのですが、半身1枚まるまるが綺麗な状態と言うことはほぼないので
余裕をもった枚数が必要です!!

 

こんな風に、お皿にちょこっと敷くくらいの小さいものでOKなら、
外国人の多いエリアのスーパーでは意外と手に入ることもあるので、早速ご紹介します。

アジアスーパーストア(東新宿)

こちらのアジアスーパーストアは私の中では質、価格ともに不動の1位です。
サイズは1kg(確か1400円前後)と500g(700円前後)の2つで500gで半身3~4枚ほど入ってます。

また、バナナの葉っぱだけではなく、ホーリーバジル、カイラン、レモングラス、アジアライム他、
アジア料理に欠かせない生の野菜やハーブの取り扱い種類が多く鮮度もいいのでおすすめです。

野菜やハーブ以外にも、豊富なタイ食材は、
見ているだけでも異国気分が味わえて気分があがります!

● アジアスーパーストア
〒169-0072 東京都新宿区大久保1-8-2 シャルール新宿2F
電話番号:03-3208-9200 / 03-3208-9199
最寄:東京メトロ副都心線「新宿駅」A1出口 徒歩5分

  • バナナリーフは夕方に行くと売り切れてる場合あり
  • 東南アジア野菜やハーブも鮮度がよく取扱いの種類が多い
  • 調味料・シーズニング・お菓子・お惣菜も充実!
  • 新大久保のイスラム横丁が徒歩圏内なので一気に両方行くこともできる

IMPORT FOODS ARAI(上野)

こちらは、アメ横センタービルの地下にあるフィリピン食材のお店です。
上野駅側の入り口から地下の階段を下りて喫煙スペースを通り過ぎた右側の1件目のお店です。

以前お店の方に聞いたところ、いつもあるわけではないとのことで、
私は買ったことがないので、参考程度にして下さい。

こちら、バナナリーフはさておき、
バナナのつぼみ(バナナブロッサム)を買うならこちらのお店が一番のおすすめです!
常時あるわけではないそうですが、価格は600~1100円/個で購入できます。

ただし、電話での在庫確認はあまりアテにならないので、
ほんとに必要な時は、足を運んで自分の目で確認して購入するのがベストです。

● IMPORT FOODS ARAI Company Limited
〒110-0005 東京都台東上野4-7-8 アメ横センタービル B1
電話番号:03-3833-5209
最寄:各線「上野駅」不忍口(しのばず)」徒歩5分

  • 確実にほしいときは直接足を運んでの確認がおすすめ
  • 質のいいバナナのつぼみ(バナナブロッサム)が手に入る
  • パンダンリーフ他、オールドココナッツなどもあり

日進ワールドデリカテッセン(麻布十番)

バナナリーフは1サイズのみで半身1.5枚で498円(税別)です。
電話で在庫確認が可能ですが、何枚入ってるか聞いたところ3枚と。。。ウソばっかり。
少し割高ですが品質は良いです。

輸入食品やハム、ソーセージ、肉類、お酒も豊富で見てるだけで楽しいです。
また、スペアミント、イタリアンパセリなど、たっぷり使いたいときにお得な大容量パックが
600円前後で手に入るのも料理教室やってる方には嬉しいところ。

● 日進ワールドデリカテッセン
〒106-0044 東京都港区東麻布2-32-13
電話番号:03-3583-4586
最寄:東京メトロ南北線 3番出口 徒歩5分

  • バナナリーフは割高だが余裕をもって使用できる容量
  • 全体的に高めだが種類豊富な輸入食品や大容量ハーブも手に入る
  • 気持ちよく買い物ができないことが何度かあった

ナショナル麻布(広尾)

バナナリーフはカットしてお皿に敷いたり小さな蒸し物に使えるサイズのものが買えます。
値段は不明なので、参考程度にして下さい。

その他、トムヤムセットとして全て生のカー、レモングラス、カフェアライム、シャロットなどが
セットになったものもありました。

お店自体はそんなに大きくないものの、インターナショナルマーケットと言うだけあって、
まさしく外国のスーパーの雰囲気!輸入食品が豊富なので、好きな方はわざわざ地下鉄に乗ってでも
一度は行ってみる価値ありです。

● ナショナル麻布スーパーマーケット
〒106-0047 東京都港区南麻布4-5-2
電話番号:03-3442-3181
最寄:東京メトロ日比谷線 広尾駅 1番出口 徒歩3分

  • バナナリーフはお皿に敷くような小さ目サイズの取り扱い
  • 外国のスーパーにとても近いラインナップでとにかく楽しい
  • 駅近なので便利

FUJIスーパー(用賀)

いつもお世話になっている、庶民的なスーパーFUJIにまさかバナナリーフがあるなんて、
見つけた時は、なんだか感動してしましました!

お皿に敷くような小さ目のサイズの取り扱いで、金額は不明です。

バナナリーフ以外にも、マクポア(タイの丸ナス)やレモングラスなど、
かなりハイレベルなアジア食材が、種類豊富に少量パックで売られていました。

少量で買えて気軽に試せるお店は他ではないので、
ぜひもっと積極的にプロモされて多くの人に知ってもらえるといいなと勝手に思います。

● FUJIスーパー用賀店
〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-11-3
電話番号:03-3708-2551
最寄:東急田園都市線 用賀駅 北口 徒歩2分

  • バナナリーフは小さなサイズの取り扱い
  • バナナリーフ以外にも少量パックのタイ野菜とハーブが買える
  • OKストアの大型店やカルディなどが近くにあるので一気に買い回りできる

バナナリーフが余ったときの保存方法

キレイな状態で使えるのは、
霧吹きなどで少しだけ湿らせた新聞で包んでできるだけ、空気を抜いた状態でビニールに入れて
野菜室など、冷えすぎない場所で1週間~10日程度くらいといったところでしょうか。

冷凍は、家庭でできるレベルでは、ティッシュで水気をふき取って、
大き目のジップロックなどに入る大きさにカットして、空気を抜いての保存がおすすめです。

まとめ

 

バナナリーフはこんな風に、包んで蒸したり焼いたり、
お皿と同じ大きさに丸く切って使うのもアジアでは一般的です。

他にも、お皿代わりにしたり、テーブルいっぱいに敷き詰めたり、
いろんな使い方ができて、アジア感を演出できること間違いなしです。

ご紹介した、内容は2019年9月現在の情報で、私が実際に買ったことがある、
売っているのを見たことがある情報と個人の主観をまとめたものですので、
実際にお買い求めの際は事前のお問合せや、ご自身での確認をよろしくお願いします!

お店に行けない方は、こちらからも購入できます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です