コレは使わなきゃ損!出発前の荷物整理に使えるお役立ちアプリとサービスまとめ

こんにちは、DEliKU KITCHEN(デリークキッチン)のikuです。

手怖すぎて、ずっと見て見ぬフリで先延ばしにしてきました、自分の持ち物の整理…

ライフスタイルに変化のある今こそが、その時なんだなと思い、
2019年あたりに移住を考え始めた頃から、徐々に「片付け」をスタートしました。

持っていける荷物なんて、せいぜいスーツケース2個分くらいなのに対し、
長年続けてきた不要な浪費でたまった荷物が、自宅、実家、ストレージにたんまり!!

どうせやるなら、ってことで自分の持ち物だけではなく、親の終活の手伝いも兼ねて、
実家に大量にあった引き出物や贈答品、骨董品、謎の花瓶etc…

フリマアプリを最大限利用して現金に換えました。

使いやすさNo.1!まずは mercari(メルカリ)から始めてみる

一番初めは、王道のメルカリからスタートしました。

アプリでの販売の設定や操作はシンプルで、困ったときのヘルプやサポートも充実していることと、
登録者数が多いので、ジャンルを問わず、メルカリが一番売れる確率が高かったです。

発送方法が多数あり、補償のあり、なしなども含め、
慣れるまでは、ここが一番つまづきやすいポイントなので、
まずは、手始めに安く出してもOKな衣料品から始めてみるのがおすすめです!

メルカリでよく売れたものベスト3

第3位 はぎれと布

実家で長年ため込んでた大量のはぎれと、着物を解体したはぎれは、かなり売れました。
めずらしい柄だと、小さいサイズや、穴あきなど状態が悪くても売れます。

布類は、梱包と発送がラクでほとんどの場合200円以内で遅れるので、
1件当たりの売り上げは数百円から数千円ですが、件数をこなしたので、総額にすると5万くらいになったと思います。

その他、海外購入のマルチカバーも人気で、中古でもほぼ瞬殺で完売しました。

第2位 ユニクロ

送料を差し引いてマイナスにならななければいいやと、最低出品金額の300円で販売したものもありましたが、
状態の悪い場合でも、どれも早い段階で全て完売しました。

出品数がかなり多いブランドなので、売り切りたいときは値段を下げればすぐ売れます。

また、サイズが合わないなどの理由で新品同様のアイテムが出品されてることも多く、
購入でもよく利用していました。

第1位 タオルなどの贈答品

引き出物などでもらう、箱に入ったタオルが実家に大量にあったのですが、
特にブランドタオルは、出品後、ほとんどが瞬殺で売れました。

箱に入ったまま発送すると送料が高くなるので、あらかじめ販売ページに、
「箱から出して圧縮して送ることにご了承いただける方のみご購入下さい」と記載しておき、
その分、相場より少し安く出品すると買い手側も安くなるのでお互いwinwinです。

贈答品は、食器類やティーカップのセットもブランド品はよく売れました。

え?こんなものが!?予想を超える「まさか…」の物も売れる

意外にも、捨てる以外の選択肢が浮かばないような「壊れている物」もよく売れました。

特に、昔の腕時計、おしゃれだけど壊れてる掛け時計、フィルムカメラ、ipodなどは、
ジャンク品で出品後すぐ、コメントが付いて購入されることが多かったです。

どれも、アンティークとして使えるように修理して再販している人や、
古いものであれば、部品が既に製造されておらず、修理部品の収集のために購入されるようです。

何でも捨てる前に、まずは売れそうかどうか、出品されてる品を検索して確認するのがおすすめです!

mercari(メルカリ)に慣れたら、楽天のラクマも始めよう!

メルカリで、梱包や発送、購入者のやりとりなど、フリマアプリの使い方に慣れたら、
ぜひラクマも登録してみましょう。

ラクマの最大のメリットは、メルカリより手数料が安いことと、
売り上げは、楽天キャッシュに変換できるので、楽天市場や楽天Payで使える点です。

メルカリほどは売れないですが、楽天キャッシュに変換できるのは大きなメリットです。

発送の金額と方法がメルカリと若干違うところはありますが、
仕組みは同じなので、メルカリで慣れていれば特に困ることもなくスタートできます。

売れ筋は、衣料品やアクセサリー、キッチン雑貨、生活雑貨など、
女性向けで、おしゃれ感のあるものが良く売れる印象でした。

ちなみに、開封済みであってもブランドコスメはよく売れます!

販売機会を増やすために、メルカリに出品したものをコピペでラクマにも出品し、
どちらかが売れたら、売れなかったサイトを即削除という風に、
2つのサイトを使って販売するのがおすすめです!

送料を引くと儲けがなくなりそうで、かさばる物はジモティで

・まだ使えるんだけど、送料や梱包を考えるとメルカリやラクマに出品は難しいもの
・捨てると大型ごみの手数料がかかってしまい、運ぶのも大変な家具
・軽いけどかさばるもの(衣装ケース、収納用品など)
・上記の条件に当てはまってて、元々の値段がそんなに高くない物

この条件に当てはまる物は、ジモティを利用して売りました。

ジモティは、他のフリマサイトと違い、基本的に直接会って受け渡しと現金の清算をするサービスです。

そのため、手渡しで渡せる物は、自宅を知られるリスクと、相手が来なかった時の時間のムダを回避するため、
自宅ではなく、近くのコンビニでの待ち合わせと引き渡しを指定し、
大型の品は、自宅訪問してもらう日時を、引っ越しの直前にしてドア前での引き渡しを指定してました。

ジモティでは無料での出品も可能なため、タダに群がるおかしな人や非常識な人も一定数確実にいます!

そういった人との取引を避けるために、できるだけ無料での出品はせず、
メッセージのやり取りで、少しでも違和感を感じたら、即お断りするのがいいと思います。

少し利用方法にコツが必要ですが、捨てるとお金も労力が必要な家具類も、
リユースできて環境にも優しく、こちらの手間もコストも省けて便利ではあるので、
うまく利用すれば、とてもいいサービスです!

まだ使える物を送ることで、困っている人を支援する

まだ使えるのに捨てるのがもったいない物を贈ることで、少しでも誰かの役に立てる方法があります。

メルカリやラクマで一定期間出品しても売れなかったものや、
送料を考えるとプラマイゼロになってしまいそうな、贈答品の食器や鍋などの調理器具ほか、
状態のいいものは全てNPO法人ワールドギフトに送ってました。

送料はこちらの負担になりますが、フリマアプリを使い始めたきっかけは荷物整理だったため、
そこはメルカリやラクマで、本来捨てるはずだったもので生まれた売り上げを活用してました。

日本に残す荷物は、月250円~使えるストレージサービスをフル活用!

今まで、引っ越しの度に、今すぐ必要ない荷物を実家に送ってた結果、
溜まりにたまった不用品の整理が大変になってしまったため、
今回は、日本に残す荷物は一切実家には置かず、CMでもおなじみのサマリーポケットを利用しました。

安くて、手続きも簡単なので、喪服や少しだけ残しておいた冬服などマレーシアの生活で必要ないものと、
スーツケースに入りきらなかった荷物を預けました。

写真付きプランで申し込みむと、全アイテムの写真を撮影したものを
アプリにアップロードしてくれるので、長期で預ける場合は、
何を預けたか一目でわかるし、必要なものだけ取り出して送ってもらうこともできて便利です。

まとめ

どれも、海外移住の予定がなくても、身の回りの整理や断捨離にはとても役立つサービスなので、
普段の生活でも活用できると思います。

メッセージのやり取りや、発送準備など、少し手間はかかりますが、
エコや社会貢献にもつながるし、日本でも、こういったサービスがもっと広がっていけばいいなと思います。

合わせて読みたい!

40代独身で海外移住。行くと決めたその日から取り組んだ5つのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。