こんにちは。デリークキッチンのikuです。
東南アジアには、私たち日本人が到底想像できない未知の野菜や果物がたくさんあります。
今回は、その中でも衝撃的に怖い野菜に出会ったときのお話です。

怖すぎるルックス。そもそも、食べ物なの???

マレーシア在住時に、スーパーで平然と玉ねぎの横に山盛りに積まれていた、
この「悪魔みたいな実」は、リンコック(スペル忘れました)というネームプレートが付いてました。

黒光りしてるし、人刺せそうなくらい固いし。。。

さっそく、いつも売り場の野菜や果物のことをいろいろ教えてくれる、
私のマレーシアでの野菜果物先生のところへ行って聞いてみました。

彼曰く、「中にでんぷん質の実が入ってて、まあポテトみたいなもんだよ」とのこと。
しかも、チャイニーズの食べ物だから僕(マレー系)はよく知らないと。

意外かもしれませんが、多民族国家のマレーシアでは、
食べ物に限らず、全てにおいて、自分のバックグラウンドの文化以外は、
自分の国であっても普通にガイドブックに書いてるような、
外国人が知ってような事を知らなかったりってことがよくあります。

とりあえず、中が見たくて、割ってもらいました。

中は、片栗粉を固めたみたいな純白でした。

しかし、こんな完璧なフォルムが自然に出来上がる植物だってことが、
何度見てもコレが自然にできた形だなんて、なんだか信じがたくヘンな気分でした。

当時、分かる限りの情報を英語でgoogle検索してみましたが、
ほとんど検索結果はありませんでした。

そして1年後、意外なかたちで「悪魔の実」の正体を知ることに!

台湾にいる友達に会いに行ったとき連れて行ってもらったローカル夜市で、
何だか見覚えのある形。。。

やっぱりそう!!

あの悪魔の実でした。
菱(ひし)という植物の実で「菱の実」(ひしのみ)と呼ばれるものでした。

マレーシアで見たやつよりも、若干雑な造りですが、
このちょっと赤っぽい感じとかが、やっぱりリアルに怖さをかもし出してます。

そして、野菜果物先生が言った通り蒸してました。
この時はあまりにお腹いっぱい過ぎて食べれなかったのですが、
次回、台湾に行く際はぜひ、食べてみたいと思います。

これからも、世界で出会った未知の野菜や果物をご紹介させていただきますので、
どうぞお楽しみに^^

フルーツなのに見た目はヘビの皮。南国のフルーツはやっぱり深い! 菱の実のほかに「ヘビの実」もあるなんて!!
めずらし過ぎる、フルーツ・野菜、ほかにもあります。

フルーツなのに見た目はヘビの皮。南国のフルーツはやっぱり深い!
画像もしくはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です