こんにちは。デリークキッチンのikuです。
東南アジアには、私たち日本人が想像できないような未知の野菜や果物がたくさんあります。

今回は、皮はパリパリしたヘビ皮、果肉の見た目は鶏肉?っていう、
インドネシアやマレーシアにしかない「スネークフルーツ」という南国フルーツをご紹介します!

呼び名がいろいろ。

売られてる箱にも書いてあるようにマレー語、インドネシア語で
「SALAK POND(サラッ ポンドッ)」という
フルーツですが、日本語で検索すると「サラック」や「サラク」と訳されてます。

見た目そのままの呼び名で「スネークフルーツ」とも言われてるみたいです。

中身はこんな感じで、南国の果物によくある、皮をむくといくつかの房に分かれてて、
実に薄皮がついてて、中には大きな種があるパターンです。

食べ方は、シンプルに茶色い皮をむいて、
房ごとにわけて、実についてる薄皮をはがして食べる感じです。

ウロコ感がすごくて硬そうですが、皮はパリパリで意外と簡単にむけます。

苦い?渋い?どんな味がするのか。

中身がわかりやすいようにあえて包丁で切ってみました。
種、けっこうおっきいんですよね。

果肉は、なんか鶏肉を思い出すルックス!

味はリンゴとスカスカの梨を混ぜたような感じで、
食感はゴリゴリとしていて、果汁あふれるだとか、クリーミーだとかって感じではなく、
モノによっては、かなり渋いものもあるみたい。

まぁ、一回経験として食べたら、正直もういいかなって感じです。

でも、このサラックは主に東南アジアでもマレーシアとインドネシアでしか
食べれないフルーツなんだそうで、レアと言えば少しレアな果物みたいですね。

ブルネイの市場で仲間?らしい果物を発見

ブルネイ ダルサラームという、マレーシアのボルネオ島の一角にある、
石油資源の豊富な国を旅したときのこと、ローカル市場で似た果物を見つけました。

とにかく、見た目がなんかすごい。。。

どうしても食べてみたくて、でも翌日のフライトには持ち込めないし、
キロ単位で必要ないしなぁー、と味見させてほしいって伝えたかったんですが、
ローカル市場ゆえ、言葉が通じなくてないため、残念ながら味は確認できず。

見た目がすごく似てるので、きっと同じ科だったりするのかな、と思います。

東南アジアでは、王道のおいしいフルーツを食べるのもおすすめですが、
日本語で調べても、全然何だかわからない未知の果物や野菜がいろいろあるので、
そういいレアな果物や野菜を探してみるのも楽しいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です