このレシピを一番初めに作った2012年ごろは「ブロッコリーのメダリオン」はIKEA(イケア)で、
まだ定番メニューではなく、たまたま行ったときに出会えるとすごくラッキーな存在でした。

その頃はまだ、日本語でレシピを書いている人もいなくて、
英語でレシピサイトを検索しながら試行錯誤で作った、作った思い出の再現レシピを、
わかりやすく画像付きで解説してます。

今はIKEAのフードコートでいつでも食べれるメニューになっているので、
ぜひ自分で作ったものと食べ比べしてみて下さい!

小さなお子様と一緒に作るのにもぴったりのメニューです。

材料(4人分)

  • じゃがいも       500g
  • ブロッコリー(固ゆで) 4かけら
  • 粉チーズ(パルメザン) 大さじ4
  • 生クリーム       大さじ3
  • 塩           小さじ1/2弱

1.じゃがいもは、半分は火が通りやすいよう一口大に乱切りしてラップをかけてレンジで加熱後、フォークなどでつぶす

2.残り半分のじゃがいもは、生のまま食感が残る程度に細かく刻む

3.水洗いしたブロッコリーをレンジで1分加熱後、荒く刻んで、1と2とその他の材料と混ぜ合わせる

4.胴が丸いペットボトルを5㎝位の高さで筒状に切り取って、
オーブンシートを敷いた天板の上で、生地を隙間なくぎゅっと詰めて形成する

5.200℃のオーブンで15分ほど焼いて焼き色を付ける
※オーブントースターを使う場合はホイルをかぶせて焦げすぎないように!

POINT

  • 分量通りに作ると、初心者さんでも高い確率でおいしく作れます
  • 使用するペットボトルは下記に詳細をご紹介しています
  • 生クリームはマスカルポーネチーズでもおいしくできます
250mlのポカリスウェットがベスト!ペットボトルで手作りセルクル
メインのお肉や魚の付け合せにする際に、お皿に2つ並べるとバランスがいいのですが、500mlのペットボトルだとちょっと大きすぎるし、かといってあまり薄っぺらく作るのも見栄えがしないのですが、薬局などで売っている250mlのポカリスウェットならちょうど良い量に仕上がります。しかも!!この小さいボトルは均等に線(凹み)が入っているので、2メモリ分で1個作ると、ぴったり9個作れるので、ぜひお試しください。

こんなアレンジもあり
形成するのめんどくさいな、って方におすすめなのが、ココットなど耐熱皿に入れてチーズをトッピングして焼いたり、ラザニア風に大きめの耐熱皿に、炒めた牛のひき肉やチーズと重ねて焼いてもおいしくいただけます。じゃがいもなので、冷凍すると残念食感になってしまいますが、小さく作ってお弁当のおかずにも使えると思います(じゃがいもは傷みが早いので夏場は控えましょう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です