私が初めてラッサムと出会ったのは、マレーシアのバナナリーフカレー屋さんでした。

もしかすると、それまでに実は出会っていたのかも知れないけど、
ちょっと怪しげな歯医者さんのうがいコップのような
ステンレスの小さなカップに入って出てきたそのスープは衝撃的な味わいでした。

突き抜けるような酸味と辛さとスパイスの香り溢れるパンチの効いた味わいは、
「べジだけでこんなにおいしく作れるなんて!」と、思わずおかわりぜずにはいられない、
もっとほしい!と思う味です。

カレー教室を開催した時に、いつもおかわりしていたあのラッサムが食べたくて、
インドのレシピサイトや、スパイス専門店の方にアドバイスを頂きながら、
日本でも比較的手に入りやすいスパイスを中心に考えたレシピです。

ちょっと聞きなれないスパイスやハーブも使いますが、特別な日のカレーのお供に、
日本のカレー屋さんではあまり見かけることのないラッサムをぜひ一緒にどうぞ。

材料(4人分)

  • にんにく         2かけ~お好みで
  • しょうが         にんにく1かけ分
  • お好みのオイル      大さじ1
  • ホールクミン       小さじ1/2
  • マスタードシード     小さじ1
  • カレーリーフ       10枚前後
  • ターメリック       小さじ1
  • カスリメッティ      小さじ2
  • カイエンヌ        小さじ1~2
  • タマリンドペースト    さくらんぼ大サイズ
  • お湯           300㏄
  • 塩            小さじ1.5
  • トマト(中玉)      1個
  • パクチー(根も使う)   3~4株
  • 砂糖           小さじ1弱

1.にんにくは包丁の背で潰しておく。しょうがはみじん切りに、パクチーの根は刻んでおく

2.タマリンドぺーストは沸騰させたお湯で溶いて、固そうな種の部分は取り除いておく

3.オイルを熱した鍋で、1とマスタードシード、ホールクミンを弱火で炒める。焦がさないように注意

4.マスタードシードがはじけ始めたら、カレーリーフ、ターメリック、カスリメッティを加えなじませる程度に炒める

5.5~8mm程度に刻んだパクチーと、ザク切りにしたトマトを加えてしんなりするまで炒めたらカイエンヌを加え辛さを調節する

6.2で作ったタマリンド水を加え10分ほど煮る

6.アクを取って塩と砂糖で味を調えて完成

POINT

  • フェネグリークが手に入るようでしたらぜひ加えて下さい
  • パクチーは薬味ではなく野菜として使う感覚でたっぷり入れてOKです
  • セロリを追加してトロトロになるまで煮込むのもおすすめです
  • お好みでレンティルやムングダールを加えてもおいしくできます
タマリンドとは?
タマリンドは東南アジアの多くの国で使われるマメ科の大木になる実をもとに作られたペーストで、写真のトマトの横にある赤みそのような物体がそれです。味はとても酸味が強く、塩分のない梅干しのような味です。
皆さんがよくご存じのタイのトムヤンクンの酸味も本来はこのタマリンドが主原料となっています。

豆を入れて濃厚なポタージュ風にしてもGood!
ご紹介したのは、サラッとしたべジスープよりのレシピですが、レンズ豆やムングダールなどを加えてぽってりとした食感になるまで煮込んだものもかなり美味しいので、豆があればぜひ試してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です