あまり聞きなれない「フィッシュティッカ」は、様々なスパイスで魚を漬け込んで焼いた
おつまみにも、ごはんのおかずにもぴったりのインド料理です。

タンドリーチキンの魚バージョンと言われると、何となくイメージしやすのではないでしょうか?

マレーシアのインド料理専門店で食べたフィッシュティッカが、あまりにもおいしくて、
日本のスーパーでも比較的手に入りやすいメカジキで、
魚焼きグリルやトースターでも作れる再現レシピを作りました。

レシピサイトでよく見かける、つるっとしたパウダー状のスパイスだけれ作ったものより、
よりワイルドにハーブやスパイスの香りや食感もそのまま楽しめるレシピです。

ぜひ魚料理のレパートリーに加えて下さいね。

材料(2食分)

  • メカジキ     2切れ(約200g)
  • カレーパウダー  小さじ1
  • クミンシード   小さじ1/2
  • マスタードシード 小さじ1/2
  • カスリメティ   小さじ2
  • カイエンヌ    小さじ1/4
  • ヨーグルト    大さじ1
  • 米油       小さじ2
  • にんにく     1かけ
  • しょうが     にんにくと同量
  • 塩        小さじ1/2
  • 砂糖       小さじ1/2

 

1.しょうがはすりおろし、にんにくはみじん切りにする

2.魚を除いたすべての材料を器で混ぜ合わせ、1も加えてスパイスペーストを作っておく

3.水分を軽くふき取った魚の両面にスパイスペーストを刷り込み1時間以上漬けておく
(ナイロン袋で漬込むと、よりペーストが密着しやすく、あと片付けも楽です!)

4.魚焼きグリルやトースターなどで表面に焦げ目がつくよう両面を焼いて完成

POINT

  • 塩漬けしていないタラやあぶらカレイでもおいしく作れます
  • しょうがはパウダー状のものを使うと便利です
  • にんにくはチューブ・パウダーでもOKですが、みじん切りが一番おすすめです
  • カレーパウダーは市販のもので十分おいしく作れます
  • 魚焼きグリルなど、直火や強火で焦げ目をつけるのがおいしく仕上げるコツです
  • レンジは水分が抜けて身がパサパサ、外はべちゃべちゃになるのでNGです!

ホールスパイスを加えてワイルドに!

ホールスパイスは、スパイスを砕いて粉にする前の状態です。試してみたいけど、あれこれ買っても結局使い道がわからなくて困るという方は、まずは手始めに「クミンシード」をおすすめします。DAISOなど、お手頃価格で手に入り、炒め物にちょっと加えたり、いろんな料理のアクセントとして使えますよ。

ムングダールで作る、パキスタンのダールマッシュ ホールクミンを使ったスパイス料理、
例えば簡単に作れるこんなレシピあります。

ムングダールで作る、パキスタンのダールマッシュのレシピは
画像もしくはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です