キャラメルが大好きで、細かい計量やお菓子作りは大の苦手。

お菓子やパン作りが大の苦手で、クロワッサンを作ったつもりが、
石のように固く仕上がってしまった…そんな私が作った「本当に簡単なレシピ」です。

無塩バターや、バニラエッセンスなど、余ったらどう使うんだろ、、、という材料は一切不要!
おいしく魅せるコツや、デザートへのアレンジもご紹介してますので、ご参考にしてみて下さい。

その1.キャラメルソースを作る

キャラメルソースの材料

  • グラニュー糖    大さじ4
  • 水         大さじ2
  • バター       20g
  • 生クリーム     50㏄

 

1.厚めの鍋やフライパンにグラニュー糖と水を加えて中火で温める

2.沸騰したらバターを加える。ぶくぶくと泡立つのでよく混ぜながらキャラメル色になるのを待つ
(一度色づき始めると急速に色が濃くなるので火加減で調節して下さい)

3.キャラメル色になったら火を止めてから生クリームを加える

4.クリームを加えると吹き上がりますが、あわてず少しずつ混ぜながら加えて完成

POINT

  • キャラメルソースは一度温まると一気に色がつくので焦がさないよう注意して下さい
  • ソースとして使いたい場合は30㏄前後の生クリームを追加しましょう
  • ミルで挽いた荒めの塩を加えて塩キャラメルにしても絶品です!

その2.生地を作ってキャラメルソースと混ぜて焼く

生地の材料

  • グラニュー糖    50g
  • 小麦粉       50g
  • バター       30g
  • たまご(Sサイズ)   1個
  • その1で作ったキャラメルソース

1.完成したキャラメルソースにバターを加え予熱で溶かして良く混ぜる

2.ガラスボウルをレンジで温めておき(熱々はNG!)、
1をボウルに移し、グラニュー糖 → たまごの順で加えて泡だて器でよく混ぜる

3.ダマにならないようよく混ぜながら、小麦粉を3回に分けて加える

4.耐熱皿やお好みの型に流し入れ180℃予熱なしのオーブンで20分焼いて完成
(高さのある入れ物で焼く場合は焼き時間を調整して下さい)

POINT

  • できるだけ薄く焼くのが焼きムラがなくキレイに仕上げるコツです
  • 生地を混ぜるボウルは手で持って「あったかい」くらいの温度にしておきましょう
  • ステンレスやプラボウルの場合は、湯せんで軽く温めておきましょう

サラサラでダマにならず、粉をふるわなくても、楽してきれいな仕上がりになる優れものです!
お菓子以外にも、ムニエルや揚げ物もパーフェクトな仕上がりになります。
スーパーで買えば1袋130円~180円程で手に入るので、ぜひ探してみて下さいね。

写真みたいなデザート風にアレンジにしてみよう!

写真の白いクリームは、生クリームではなく「マスカルポーネチーズ」にはちみつを適量加え、よく混ぜたものを使用しています。角切りにしたキャラメルブラウニーをランダムにカップにいれたら、スプーン一杯のクリームを加え、その上にブラウニーを乗せてと、交互にトッピングしたあと、最後に別で作っておいたキャラメルソースをかけています。生のバナナを加えるのもおすすめです。

1000円なのに4年間使い込んでもスパスパ切れるのはこのナイフ! せっかく作ったブラウニー。
切れない包丁でボロボロになんてしたくない!

1000円なのに4年間使い込んでもスパスパ切れるのはこのナイフ!
の記事は画像かこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です