ドレスドエッグとも言われるドレスをまとったような優雅なたまごのオードブルです。

スウェーデン料理のランチ会でお出ししたメニューのため、ぷりぷりのエビをプラスして、
IKEA(イケア)のフードコートでも食べられる「小えびのオープンサンド」をイメージして作ってみました。
エビは色合いや食感、味ともに、たまごと相性のいい食材です。

黄身バージョンは、具としてケッパーを加えたり、
ブラックオリーブとイタリアンパセリで飾るのもおすすめです!

お皿に並べると白身がツルツル滑ってしまうので、すべりにくいストーンプレートに盛ったり、
中身を盛る前に、可能であればお皿に接する面の白身を、
ほんの少しだけ切り落として平らにすると滑りにくくなります。

えびバージョン

材料(3個分)

  • ゆでたまご(かたゆで)  1.5個
  • えび(バナメがおすすめ) 6尾
  • マヨネーズ        小さじ1弱
  • 料理酒          大さじ2
  • 塩            ひとつまみ
  • スライスレモン      1枚
  • ディル          少々

1.ゆでたまごを縦半分に切り、黄身を取り出す(黄身は黄身バージョン用に残しておく)

2.エビはしっぽと背ワタを取って小さなふた付きの鍋などに、料理酒と塩を加えて蒸す

3.蒸しあがったエビは4等分にしてマヨネーズで和えたら器状になった白身に盛り付ける

4.6 等分くらいの大きさにカットしたスライスレモンとディルをトッピングして完成

黄身バージョン

材料(3個分)

  • ゆでたまご(かたゆで)  1.5個
  • マヨネーズ        お好みの量
  • 塩            少々
  • ブラックペッパー     少々
  • パセリ          少々
  • とびっこ         少々

1.えびバージョンで取り出しておいた黄身と合わせて、
マヨネーズ、塩、ブラックペッパーで好みの味に仕上げる

2.器状になった白身に黄身を盛り付ける。スプーン2本を使うとキレイに盛れます

3.パセリととびっこをトッピングして完成

POINT

  • ゆでたまごは綺麗に剥けなかったり、極端に黄身が偏っている場合もあるので多めにゆでておきましょう
  • エビは一気に蒸すと固くなったり焦げてしまうのでに弱火~中火でゆっくりと
  • 黄身は滑らかにこして、しぼり袋で絞っても綺麗です
  • 白身部分にマヨネーズや黄身が付いたときは綺麗にふき取ると見た目がきれいです

スウェーデンを感じられるIKEAのフード

家具や食器など、お手頃価格でシンプルなデザインのIKEAですが、なんといってもスウェーデン料理を気軽に体験できたり、フードコートでおいしい!思った食材は買うこともできたりととても便利ですよね。そんな中でも、代表的なミートボールやリンゴンベリーのジャムはさておき、1本買って常備しておくと、意外と重宝するのが「濃縮エルダーフラワーシロップ 550円」です。ホットでもアイスでも炭酸水で割ってもおいしく、濃縮液は透明に近いので、フルーツやミントをプラスして透明のグラスに入れると、とてもきれいにアレンジできます。イケア以外でも、おしゃれなボトルで売られているものもあるので、ぜひホームパーティーなどで取り入れてみてはいかがでしょうか。

コレは買って正解!リアルにお値段以上だったニトリのキッチングッズ 食器はIKEA、でもキッチングッズは断然ニトリ!
コレは買って正解!リアルにお値段以上だったニトリのキッチングッズ
の記事は画像かこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です