ポルトガルのアレンテージョ地方の郷土料理をポテトを揚げないヘルシーレシピで再現しました。

残念ながら、まだポルトガルには行ったことがないのですが、
東京のポルトガル料理屋さんで食べた、豚肉とあさりの組み合わせに感激し、
何度も自宅で再現したり、海外のレシピを参考にしながら完成したレシピです。

お酒のすすむ一皿ですが、お酒を飲まない方はぜひ、あさりと豚と白ワインの旨みたっぷりのスープを、
バケットにたっぷりと浸して楽しんで下さい!
そのために、スープ多めのレシピにしています。

材料(2~3人分)

  • あさり          250g
  • 豚肉(肩ロースかたまり) 125~150g
  • 白ワイン         150㏄
  • 塩            小さじ1/2
  • オリーブオイル      大さじ2
  • ブラックオリーブ     5~10粒
  • パクチー         少々
  • レモンくし切り      1~2切れ

 

1.豚肉は1.5cm角くらいの大きさに切り、塩を刷り込み白ワイン50㏄で1時間ほど漬けておく

2.じゃがいもも1.5cm角くらいに切り、ラップをしてレンジで3分程火を通しておく

3.オイルを熱したフライパンに漬け汁を切った豚肉を加え、表面に火が通ったらじゃがいもを加えて炒める

4.砂抜きしたあさりを加えて、3で残しておいた漬け汁と追加で100㏄の白ワイン加え蓋をして蒸す

5.あさりが開いたら蓋を取って煮汁を煮詰め、ブラックオリーブを加える

6.みじん切りのパクチー、レモンを添えて完成

POINT

  • 豚肉はロースだと固くなりやすくバラ肉だと脂が多すぎるため肩ロースがおすすめです
  • 豚肉の肩ロースはステーキ用がだいたい1枚130g前後で使いやすくおすすめです
  • 白ワインで豚肉を漬ける際に一晩おくとより味がなじみます。シェリー酒での代用もおすすめです
ポルトガル料理の世界
以前、ギリシャ料理を食べに行っておいしかった経験から、ヨーロッパのお肉も魚もあるおいしい料理が食べれる店を検索した際に見つけた「ポルトガル料理」。調べてみるとお米を食べる文化があったり、海あり山ありの豊かな土地で、歴史的にも日本にゆかりのある国で、料理をきっかけに行ってみたい国のひとつとなった国です。
このレシピは、ちょっと以外にも思えるあさりと豚の組み合わせですが、なんとも相性ぴったりで白ワインの香りとブラックオリーブの塩気がたまらなくおいしい一皿です。ぜひバケットは多めに用意して最後の一滴まで残らず堪能して下さいね。

 

グリーンオリーブとレモンのチキンソテー 大人が集まってワインがあれば、
こちらのおつまみもぜひどうぞ!
グリーンオリーブとレモンのチキンソテーのレシピはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です