大人が集まって、白ワインがあれば、おつまみはこれに決まりです。

ボリュームがあって簡単!さらにコスパも見栄えもよく、
程よい塩気とレモンの酸味で、万人ウケする、作って損なしの一品です。

おつまみだけではなく、1人1枚もも肉を用意すれば、
チキンステーキとしてディナーの主役にもぴったりです。

レシピ内の工程を細かく書いているので、、
手順どおりにすすめれば、初心者さんでも失敗の少ないレシピです。

材料(4人分)

  • 鶏もも肉(1枚)   250g~350g
  • グリーンオリーブ  5粒前後
  • オリーブの漬け汁  大さじ1
  • レモン       1個
  • ケッパー      あれば大さじ1
  • ピンクペッパー   少々
  • パセリ       少々
  • 塩         少々

 

1.鶏肉の余分な脂を取り除き、皮と逆の肉の面に筋に直角になるよう、切り込みを入れ、
筋切りしたら塩で下味をつける(焼くと縮むので筋切りは深く切ってOK)

2.オリーブは3等分にスライスし、レモンは3~4枚スライスを作り、残りは絞っておく

3.油なしで、皮を下に鶏肉を弱火~中火で皮がこんがりするまで、じっくり焼き、出てきた脂はふき取る

4.チキンを裏返し、絞ったレモン汁とオリーブの漬け汁、
オリーブ、レモンスライスを加え、蓋をして蒸し焼きにする

5.火が通ったらチキンを取り出し、お皿に盛って具をのせ、ピンクペッパーとパセリを飾って完成

POINT

  • 鶏肉は焼く前に端っこまでしっかりめに塩で下味をつけておきましょう
  • おもてなしなら、サーブした後、食べるときにお皿の上で切り分けましょう
  • 事前に切っておきたい場合は、とんかつのように縦に切って形は崩さずお皿に盛り、
    食べるときに適宜切っていただくとスマートです
  • 蒸し汁が多い場合は早めに蓋を取って煮詰めて下さい
  • スライスレモンは飾り用なので、真ん中から切り出すと、残りの汁も絞りやすく一石二鳥!

成城石井でも買える、スペイン産のGOYAのグリーンオリーブはクセがなくおいしく、お値段もリーズナブルなので、冷蔵庫で常備するのにぴったりなブランドです。DEliKU KITCHEN(デリークキッチン)ではこのグリーンオリーブを使用しています。

梅干し感覚で冷蔵庫にストックしておくと便利!

グリーオリーブは、そのまま食べてもOKだし、お料理に使ったり、サラダの具として足したりできるのでとても便利です。たまごや鶏肉、魚との相性もよく冷蔵庫にストックしておくととても便利です。使うときは、カビたり腐ったりさせないように、清潔なスプーンなどで使う分だけその都度取り出し、いちど取り出した実や汁は戻さないようにしましょう。

ケッパーは使い切りがおすすめ

ケッパーは、あまりなじみのない食材かもしれませんが、常備しておくと意外と使えるアイテムです。使い切る自信がない場合は、スーパーの魚コーナーやスモークサーモンの近くに100円ちょっとで1回使い切りのパックが売ってることがありますので、瓶で買う前にチェックしてみましょう。

スウェーデン風デビルドエッグ ケッパーを使ってもう一品
リーズナブルで簡単に作れるおつまみあります。

スウェーデン風デビルドエッグのレシピは画像もしくはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です