たった3つの材料でコンビニのサラダチキン並みにおいしい鶏ハムが、ご自宅でも作れます。

さらに、砂糖の代わりに低GIのアガベシロップを使うことで、
ダイエット中でも罪悪感なく、おいしくたんぱく質の補給ができるレシピにしました。

小さめのキューブ状にカットして冷蔵庫に常備しておけば、
小腹がすいた時の間食にもぴったりです。

体を鍛えている方や、筋トレ、ワークアウトが日課の方はもちろん、
低糖質ダイエット中に、鶏むね肉やささみに飽きてしまった時には特におすすめです。

一晩寝かせることで、激的に旨みがアップするので、たったこれだけの材料で!?
「もっと早く知りたかった」と低糖質クラスでも人気のレシピです。

アガベシロップや低GIについて、レシピの最後でご紹介してますので、参考にしていただければと思います。

材料(1本分)

  • 鶏むね肉       1枚
  • 塩          小さじ1
  • アガベシロップ    小さじ1

 

1.アガベシロップと塩を混ぜ合わせておく

2.鶏肉は皮と筋を取り除き、写真のように分厚い部分に横から切り込みを入れて厚さを均一に。
片面につき20ヵ所程度、フォークで刺して味が浸みやすくする

 

3.調味料を両面によく刷り込み、皮の付いていた面が外側に来るように、
細巻寿司を巻く要領でピタッとラップで巻く

4.片隅をねじって縦に持ち、写真のように親ゆびでこよりを押えながら上のほうもきつくねじる

5.キャンディ包みが完了したら、上から別のラップでこよりを抑えるようにぴったりと包む。
冷凍したい場合は、形成しないでビニールやジップロックに入れるのがおすすめです

6.沸騰したお湯でフタをして20分ほど茹でたら、火を止めて10分ほど放置して完成

POINT

  • 2~3日中に茹でるのであればラップで形成した状態で冷蔵庫保存がおすすめです
  • 冷凍の場合は形成せずに袋やラップでピタッと包んで解凍してから形成して茹でましょう
  • 100円ラップは密着度が弱く包むのが難しいため、大きめのサランラップかクレラップがおすすめです
  • 出来立てよりも、冷めたほうが味も安定しキレイに切れます

このメーカーのアガベシロップを愛用しています。お値段がお手頃でオーガニックなのもうれしいのですが、
何より液切れがとてもよく漏れたりせず、ボトルの機能が他のメーカーより格段に良い点がポイントです。

低GIって何?なんで体にいいの?

時々耳にする「低GI」。シンプルに要約すると、食べる→糖に変わる→体に吸収されるという現象が体内で起こるのですが、この速度が緩やかなほど腹持ちがよく、太りやすさや老けやすさ(シワなど)の原因とされている「急激な血糖値の上昇と下降」を避けることができます。この速度をグリセミック指数。。略してGI値と呼んでいるのです。GI値が低い=血糖値の急上昇と急降下を避けられるので体にやさしい食品として注目されています。

例えば、糖分については、生成された白砂糖がGI値100なのに対しアガベシロップはGI値20前後!
だから砂糖はやめたほうがいいって話ではなく、こういう選択肢もあるということを知って以降、せめて自宅で料理や飲み物に使う分は、無理のない範囲内でアガベシロップを愛用するようになりました。通販やカルディなどで手に入るので、気になった方はぜひお試しくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です