低糖質ダイエット中に何十回と作った、お助けレシピです。

穀類の中では比較的糖質の低い「キヌア」をうまく活用して、
たっぷりのベビーリーフやブロッコリーと和えて量を笠増しして食べると、
食物繊維・タンパク質までバランスよく摂れるのでおすすめです。

キヌア自体に味がついているので、ドレッシングいらずな分、塩分も控えられて一石二鳥!

低糖質ダイエット中、ワンパターンな食事に飽きて挫折しそうな時に、
気分転換を兼ねてご自身で作って、ダイエット食にありがちな「薄い・まずい」じゃない、
新しい味を発見してもらえるといいなと思います。

ヘルシー志向の方や、キヌアを買ってみたものの食べ方がわからずお困りの方もぜひどうぞ。

材料(2人分)

  • キヌア       80㏄
  • 水         180㏄
  • 蒸しタコ      100g
  • グリーンオリーブ  5粒
  • レモン       1個
  • パセリ       小さじ1
  • お好みのミント   小さじ1
  • オリーブオイル   大さじ1
  • 塩         小さじ1/2

1.キヌアを洗い、小さめのフライパンに水と一緒に加えて炊く

2.下の写真のように粒の周りに輪っかがかかれば炊き上がりのサインです

3.タコを食べやすい大きさに切り、オリーブは3等分にスライスし、パセリとミントは刻んでおく

4.炊きあがったキヌアに3とオリーブオイルを加えて混ぜ合わせ、塩とレモンで味を整えて完成

POINT

  • キヌアの洗い方は下記を参照して下さい
  • タコの代わりに、茹でた状態で売っているイカや鶏ハムなどでもおいしくできます
  • 混ぜた時に水っぽくても多少はキヌアが吸収してくれます
  • 冷蔵庫で2~3日は保存が可能です

キヌアをこぼさず洗う方法

「300㏄以上のサイズの計量カップ」と「茶こし」を用意します。どちらもダイソーで買えます!
1.計量カップでキヌアを計量したらそのまま300㏄前後の水を加えてスプーンで混ぜてよく洗う
2.茶こしで受けながら、汚れた水を捨てる
3.これを3回行えばOK!洗い終わった頃にはキヌアが水を含んで150㏄くらいまで膨れます

もっとしっかり洗いたい方に

「500㏄前後のマイボトル」を使います。ペットボトルでもいいのですが、口が狭くこぼしてしまう可能性が高いので、広口のマイボトルがおすすめです。
分量は上記とまったく同じで、洗うときにシェイクするだけ。こちらも2~3回繰り返すことで、だいぶキレイに洗えます。
キヌアは、独特の香りと苦みがあるので、しっかり洗っておいしく仕上げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です