サグ=青菜、パニール=チーズ、合わせてサグパニールという、ほうれん草などの青菜とチーズのカレーです。
一見、材料の多さにびっくりしてしまうのですが、
すべて入手が簡単な材料で、ミキサーがあれば、調理の工程はとても簡単です。

ベースとなる青菜は、味の濃いほうれん草がおすすめですが、
その他は小松菜、ネギ、パクチーなどお好みの青菜や、
冷蔵庫に残っている青菜を加えてもおいしく作れますよ。

チーズについては、POINT以下で詳しく紹介してますので、
お買い物の前に、サラッとチェックしてみて下さいね。

材料(3~4人分)

  • ほうれん草(生)   1束
  • パクチー       3株
  • トマト        中玉1/2個
  • 赤玉ねぎ       1/4
  • ガラムマサラ     小さじ1
  • クミンパウダー    小さじ1
  • ターメリック     小さじ1
  • カイエンヌ      お好みで
  • おろしにんにく    小さじ1/2
  • おろししょうが    小さじ1/2
  • 針しょうが(飾り用) 少々
  • 生クリーム      大さじ3
  • モッツアレラチーズ  POINT参照
  • 砂糖         大さじ1
  • 塩          小さじ1
  • 風味のない油     分量は本文参照

 

1.ほうれん草は、塩水でサッと1~2分茹でて、余分な水分を絞って3㎝くらいに切り、
パクチーは1㎝くらいに刻んでおく

2.赤玉ねぎ、にんにく、しょうがトマトをざっくり刻みミキサーにかける

3.大さじ1~2の油を弱火~中火の間で熱しクミンを炒め、
香りが出てきたら2のペーストとガラムマサラ、ターメリックを加えて炒める

4.分量外の塩一つまみとお好みでカイエンヌを加え、
1で準備しておいた青菜をミキサーでペースト状にして加える

5.5分ほど煮込んで、生クリームを加え塩と砂糖で味を調えたら、チーズを加えて火を止める

6.器に盛って針しょうがを加えて完成

POINT

  • パニールが手に入る場合は、あらかじめ外側をカリッと油で焼いておきましょう
  • 油は米油やグレープシードがおすすめです
  • トマトや玉ねぎをミキサーにかけた後、ミキサーは洗わずそのまま青菜に使います
  • ミキサーがない場合は具財を細かく刻んで少し長めに火をかければOK
  • ワイルドな仕上がりにしたい場合はミキサーでスムースにせず手で刻み水分を飛ばしましょう
チーズ=パニール(paneer)について
パニールは「カッテージチーズ」と書いているレシピが多いですが、本場のパニールは水切りして押し固めてあるもので、日本の一般的なスーパーで売っているカッテージチーズとは異なります。ご家庭で作る場合は、パニールに近いモッツアレラチーズを使うことをおすすめします。モッツアレラは黄色い塩分の添加された加熱用ではなく、カプレーゼに使われる白いものを選んでください。

ひとくちサイズの便利なモッツアレラあります!
オードブルなどにも便利な、さくらんぼサイズの「チェリーモッツアレラ」が大型スーパーや輸入食品を扱っているお店で手に入ります。切らずにそのまま使えて便利で、個人的には、えんじ色のパッケージが目印のタカナシ乳業のチーズが、格段においしくておすすめです。お値段は少し高めですが、ミルキー感がほかのブランドとぜんぜん違うので、チャンスがあったらお試し下さい!

南インドのべジスープラッサム マニアックだけどカレー好きならぜひ挑戦してほしい
南インドのべジスープラッサムのレシピは画像もしくはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です