こちらのレシピは、3・2・1の照り焼き丼のアレンジレシピです。

「3・2・1」は調味料の割合で「3:2:1」。

日本酒:大さじ3、しょうゆ:大さじ2、砂糖:大さじ1。味付けはたったこれだけです。
ピザやベーグルサンドの具にする場合は、しょうゆを控えめにして、砂糖を大目にすると、
しょっぱくなり過ぎす、おいしく仕上がります。

もちろん、ピザ生地から作ってもOKですが、
お手軽に自宅でピザつくりを楽しみたいときは、市販のピザクラスト(ピザ生地)でも、
十分おいしく作れます!お子様と一緒に作るのもおすすめです。

●「3・2・1の照り焼き丼」のレシピはこちら

材料(4人分)

  • ピザクラスト   直径22㎝1枚
  • 鶏もも肉     100g
  • 酒        大さじ3
  • しょうゆ     大さじ2弱
  • 砂糖       大さじ1強
  • ブロッコリー   1/3
  • マヨネーズ    お好みの量
  • シュレッドチーズ お好みの量

 

1.鶏肉の皮と余分な脂を取り除き、食べやすい大きさに切る(目安は1.5㎝角)

2.調味料は小さなフライパンであらかじめ合わせておき、鶏肉を加え煮詰めていく

3.鶏肉に火が通り、タレに若干のとろみが出たところで火を止める

4.ブロッコリーはサッと熱湯に通す程度の固茹でにして小さく裂いておく

5.ピザ生地に照り焼きソースを薄く塗り、具を並べたら、網目状にマヨネーズをかける

6.オーブンでお好みの焼き加減に焼いて完成

POINT

  • 写真はクリスピー生地ですが、パン生地のほうがよく合います
  • 生地にソースを塗るときは、全部ドバっとかけず薄く少な目にしましょう
  • 余ったソースは食べるときに足りなければ適宜追加がおすすめです

ベーグルサンドにもぴったり!


   ちょっとボリュームのあるサンドイッチが食べたいとき、
   ベーグルに野菜とマヨネーズ、ハニーマスタードなど、
   お好みのソースと一緒に挟んでもおいしくいただけます。

   中身がこぼれて食べづらいかも、と心配な方は、
   サンドイッチのSUBWAYのように、横長のバンズに挟んでもOKです。

ハニーマスタードとの相性が最高!
ピザと言えば、タバスコやハラぺーニョなどの辛いソースが必須ですが、この照り焼きピザにはハニーマスタードをぜひおすすめします!ハニーマスタードを買うと、他に使い道がなくて余るという方は、粒マスタードとはちみつを買って混ぜるだけでOK。粒マスタードはサンドイッチやお肉料理、洋風のポテト料理に使えます。ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です