「カオソーイ」といえば、タイ料理のココナッツ風味の辛いスープの麺で有名ですが、
ラオスにもカオソーイはあってタイのものとはちょっと違います。

ラオスのカオソーイは、透き通ったスープとお米の麺に、
たっぷりのピリ辛の肉みそと、ハーブやライムをトッピングして食べるのですが、
旅行中に食べたあの味が忘れられず、自宅で作れるレシピで再現してみました。

スープは、お手軽に鶏がらスープの素などでもOKですが、
ちょっと余裕がありそうだったら、
とても簡単なので、スペアリブや骨付きの豚バラで作ってみましょう!

スープのレシピ

スープ(4人分)

  • 水           1.5リットル
  • スープ用骨付豚バラ   300g前後
  • 長ネギ(葉の部分)   1本分
  • しょうが        にんにく3かけ分ほどの大きさ
  • ナンプラー       大さじ2.5

1.スープ用骨付豚バラの余分な脂や血を取り除き、ザルに入れて熱湯でサッと洗い流す

2.長ネギの青い部分を半分くらいに切り、しょうがは5㎜ほどにスライスする

3.水を沸騰させたら2と1を加え中火くらいで煮込みアクと油を取り除く

4.フタをして弱火で15分ほど煮込み、具はすべて取り出しナンプラーを加えて完成

POINT

  • スープ用の骨付豚バラがない場合は、スペアリブでもOKです
  • スープはかなり薄味でOKです!食べるときに肉みそとナンプラーで調整します
  • ラオスではバードアイなど生の唐辛子を使用してます

肉みそとトッピングのレシピ

肉みそとその他の具(4人分) ※ ライムが入手できず写真はシークワーサーで代用してます

  • 豚ひき肉          200g
  • ソイビーンペースト     大さじ1.5
  • トマト           大玉1/2個
  • 韓国唐辛子粉(細)     小さじ2
  • にんにく          1かけ
  • 赤玉ねぎ          少々
  • 万能ねぎ          お好みの量
  • パクチー          お好みの量
  • ライム           少々
  • ライスヌードル       お好みの量

1.パクチーとネギはみじん切りに、赤玉ねぎは薄く切って水にさらしておく

2.にんにくはみじん切りに、トマトは1㎝角くらいにザク切りにしておく

3.少量の油でにんにくを炒め、ひき肉を加えて余分な脂はふき取っておく

4.トマトとソイビーンペースト、唐辛子を加えトマトが溶けるまで炒めて肉みそは完成

5.麺を茹でたら、器にネギとパクチー→麺→スープの順に加え、
肉みそや薬味をトッピングし、ライムをたっぷり絞って完成

POINT

  • 薄味のスープは、食べるときに肉みそとナンプラーや薬味で調整します
  • 唐辛子は使用する種類によって辛みが全然違いますのでご注意を!
  • 韓国料理用の唐辛子は物にもよりますが比較的辛さ控えめでお肉に程よく色がつくのでおすすめです
  • 強火から中火で外側をこんがり焼いたあとは中火~弱火でじっくり火を通しましょう

アジア好きが集まったら、トッピングをバイキングにして楽しもう!


 スタイリッシュなテーブルコーディネートもいいですが、
 人数が集まったときは、アジアのごちゃごちゃ感を
 テーブルに詰め込んで、
 具をバイキング形式にするのもおすすめです!

 ただ、写真に夢中になりすぎるとライスヌードルが、
 くっついてしまうのでご注意くださいね。

肉みそに使う「ソイビーンペースト」について

今回は、下記のソイビーンペーストを使用しました。タイ料理屋さんで出てくる空芯菜の炒め物・カオマンガイなども、このソースを使って作られています。下記のリンクは送料の一番お安い店舗のリンクです。(楽天市場)
タイ料理以外の使い道としては、ソイビーンペーストは発酵食品なので、チーズともよく合うはず。。ともくろんでおります!どんな料理が生まれるか、少し時間ができたら試してみようと思ってます。日本のお味噌に近い味なので、あとあと必要ないなぁという場合は、味噌を水に溶いてすこし柔らかくした状態のもので代用してもいいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です