野菜ソムリエの資格を取るときにシシリアンルージュという品種のトマトに出会ました。

トマトは数多くの品種があり、それぞれの品種に合ったレシピを作る課題があったのですが、
肉厚で甘くて生でも加熱もOKのシシリアンルージュの良さを最大限に活かしたいなと、
大好きなサバと組み合わせて生まれたヘルシーレシピです。

DHAたっぷりのサバの脂が、トマトやズッキーニの栄養吸収をサポートしてくれます。
サバは、塩焼きと味噌煮が一般的ですが、野菜やハーブと合わせることで新しい味に出会えます!

材料(4人分)

  • サバの半身     2枚
  • プチトマト     6~8個
  • ズッキーニ     1/2本
  • にんにく      1~2かけ
  • タイム       3~4枝前後
  • 小麦粉       大さじ2
  • 塩         レシピ内参照
  • オリーブオイル   大さじ3

※ サバは3枚おろしで中骨がないものがおすすめです
※ トマトは発色がよく加熱OKで肉厚なシシリアンルージュがおすすめです

サバの下ごしらえ(※ 塩サバの場合は1と2の工程は不要!!)

1.サバの両面に多めの塩を振って15分ほど置く(塩の目安は味付けの時の2倍~3倍)

2.サバの表面から出る水分に臭みが含まれるため、水で洗い流しキッチンペーパーで水分を取る

3.軽く味付けの塩を振り両面に小麦粉を薄くまぶしておく。目安は1枚につき大さじ1で余分な粉ははたき落す

野菜とハーブの下ごしらえ

1.大さじ2のオイルをフライパンに加え、スライスしたにんにくとタイムを弱火で5分ほど炒める。オイルはそのまま、具だけ皿に取り出しておく

2.5㎜~8㎜の厚さに切ったズッキーニに、塩2つまみを加え1のオイルで中火で炒める。
1で取り出しておいた材料と一緒に取り出しておく

3.フライパンにオイル大さじ1を追加し、サバを身のほうから焼き、
焼き色が付いたら皮が下になるよう裏返す

4.皮が下になった状態で取り出しておいた材料全てと、食べやすい大きさにカットしたトマトを加える

5.フタをして3~5分ほど蒸し焼きにして完成

POINT

  • サバは2枚おろしだと取り分けづらく見た目もいまいちなので3枚おろしがおすすめです
  • 加熱用でないトマトを使う場合は、火を入れる時間を短くすることで色をキープできます

余ったタイム、どう使う?

料理の見栄えをぐっと良くしてくれるハーブ類。でも1パック買うと必ず余ってしまいませんか???
特にタイムは、教室に参加頂いた方のお声では、使い方がよくわからないという言う方が多いように思います。余ったタイムは洗わずに、煮沸やアルコール消毒済みの清潔な便に漬けておくとハーブオイルとして使えます。にんにくを入れるのもおすすめです。オイルはできるだけ早く使い切りましょう。

また、ミートソースを作る際に枝ごとお肉と一緒に炒めて、完成後に枝だけ取り除けば香り豊かなソースになります。
その他、葉っぱだけを取り外し、お皿に広げてラップをかけないで、冷蔵庫の上段に入れておくと、色はそのままパリッとしたドライハーブになるので、お試しください。

 

大根と牛肉とセロリのごちそうポトフ タイムが余ったら、こちらのレシピもぜひ!
大根と牛肉とセロリのごちそうポトフのレシピは画像もしくはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です