バターチキンカレー

 
インド料理の人気メニュー、バターチキンをご自宅で作ってみませんか?

DEliKU KITCHEN(デリークキッチン)の料理教室では、
今までに50人以上の方にご参加頂いた人気のある定番レシピです。

2022年10月に、よりおいしく簡単に作れるよう4年ぶりにレシピを改定しました。

スパイスは、あれこれ揃えなくても近所のスーパーで手に入るカレーパウダーで作れるので、
スパイス料理に挑戦してみたい方の、初めの一歩として挑戦していただくのにもぴったりです。

ハンディブレンダーやミキサーが必要なレシピですが、
お持ちでなくても、作れる方法もご紹介しています!

また、先にパスタ用のトマトソースを別で作っておくことで、
より簡単に作れる方法も合わせてご紹介してますので、
ぜひ、基本のトマトソースのレシピも参考にしてくださいね。

基本のトマトソース

材料(2人分)

  • 鶏もも肉(からあげ用) 150g
  • ★ヨーグルト      100㏄
  • ★カレーパウダー(1)  大さじ1
  • ★すりおろしにんにく  1カケ分
  • ★すりおろししょうが  にんにくと同量
  • ★塩          小さじ1/2
  • ★砂糖         小さじ1
  •  

  • 玉ねぎ(中)       1/2個
  • トマト缶(ダイスカット)150㏄
  • カレーパウダー(2)   大さじ1
  • バター         30g
  • 生クリーム       大さじ2
  • 塩           小さじ1
  • 砂糖          小さじ2
  • 油           小さじ2

 

1.★の材料をボウルでよく混ぜ合わせたところに、からあげサイズの鶏肉を漬け込んで、
隙間ができないようぴっちりラップして1時間以上置く

2.玉ねぎは2-3mmの縦薄切りにし、分量外の塩一つまみとバター10gで焦げないよう炒める

3.玉ねぎにしっかり火が通ったらカレーパウダー(2)と油を加えてよく炒め、
あらかじめ軽量しておいたトマト缶150㏄を加える

4.トマトが煮えてきたら水50㏄を加えて火をとめ、ミキサーでペースト状にする

5.4を鍋で加熱して、1の鶏肉を漬けダレごと全て加え、塩と砂糖で味を調える

6.鶏肉に火が通ったら。生クリームとバター20gを加えてなじませれば完成

POINT

  • 鶏肉はからあげ用のもも肉を使うと、下処理を済ませてあるので手間が省けて便利です
  • おいしいヨーグルト(無糖)を選ぶのが成功のコツです。ここはケチらず良いものを選びましょう
  • カレーパウダーは市販品でも充分おいしくできます!
  • パクチーや生クリームをトッピングしたり、ターメリックライスで彩り良くするのもおすすめです

日本では、一般的にスーパーで売られているカレー粉は、このS&Bカレーか、黄色い缶のインディラカレーが多いですが、インディラはカルダモンが少し強めなので、外国のカレーを食べ慣れてない方にはS&Bのほうがおすすめです。ちょっと冒険してみたい方は、ぜひインディラを!

ブレンダーやミキサーをお持ちでない場合の作り方

トマト缶は裏ごし済みピューレ状態のものを選び、玉ねぎは細かいみじん切り、もしくはすりおろして調理することで、ミキサーにかけたときに近い状態で作ることができます。

基本のトマトソースを使った作り方

基本のトマトソースを使う場合は、レシピの工程「2」と「3」を飛ばして、4のトマトソースを温めるところから作れます。もしお持ちでしたら、調理前にトマトソースをブレンダーにかけることで、より滑らかなバターチキンに仕上るのでおすすめです。

また、市販のパスタ用トマトソース(プレーン)を使うと、同じように「2」と「3」の工程は省けます!

バターチキンより人気だった、料理教室のレシピはこちら

シンプルブイヤベース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。