日本人にあまりなじみのないレンズ豆(レンティル)は、
とても調理がしやすくて、特にこれから料理を始めたい初心者の方にはおすすめの食材です。

カルディや成城石井など、比較的簡単に手に入りやすいのもおすすめのポイント。
乾燥した状態で売っているので、日持ちもするためストックしておくと便利です。

皮付き、イエロー、レッドなどいろいろな種類があり、料理によって使い分けますが、
迷った時は、まずは一番簡単に調理できるレッドがおすすめです。

クセがなく食べやすいので、豆嫌いな方やお子様でもすんなりと食べられます。

材料(4人分)

  • レンズ豆(お好きな種類)   100㏄
  • 玉ねぎ            1/2個
  • にんじん           1/2個
  • セロリ            お好みの量
  • トマト缶           1缶
  • 水              100㏄
  • ベーコン           お好みの量
  • オリーブオイル        少々
  • 塩              小さじ1/2
  • 砂糖(はちみつでもOK)    小さじ2
  • パセリ            あれば少々
  • カッテージチーズ       あれば少々

 

1.レンズ豆を2回ほどサッと洗い、浮いてきたゴミなどを取り除き水に浸ける

2.玉ねぎ、にんじん、セロリは1㎝角くらいの大きさで切る。ベーコンも食べやすい大きさに切る

3.鍋にオリーブオイルを加えベーコン→野菜→分量外の塩ひとつまみの順で炒めていく(弱火~中火)

4.野菜に火が通ったらレンズ豆と水100㏄を加えて沸騰したらトマト缶と調味料を加えて煮込む

5.スープが濃い場合は水を追加する
(このとき空のトマト缶で水を汲んで加えると缶に付着したトマトも無駄なく使えます)

6.味が整ったら、パセリやカッテージチーズをトッピングして完成

POINT

  • 酸味が強い場合は砂糖を追加で加えましょう(おすすめは黒砂糖)
  • レンズ豆は皮つき・イエロー・レッドなどいろいろありますがどの種類でもOKです
  • 野菜を炒める時は弱めの火で焦がさないように注意しましょう
調味料は砂糖のシンプルイズベスト。
スープっていうと、何かとコンソメやブイヨン、鶏がらスープの素を入れてしまいがちですが、このレシピは砂糖と塩だけで十分においしく作れます。慣れてないとちょっと違和感を感じるかもしれませんが、砂糖は結構加えても大丈夫です。甘く味付けする為ではなく、トマトの酸味をまろやかにしてくれます。あると無いでは驚くほど味に差が出るので、で少しずつ味見しながら加えましょう。

おいしさそのまま!冷凍もOK
スクリュータイプのジップロック(ダイソーでも売ってます)で1食分に小分けして冷凍しておくととても便利です!冷凍する場合は、にんじんは解凍したとき、食感がぐにゅっとなってしまうので、入れずに作るのがおすすめです。

スープに飽きたらカレーに変身!!
ベーコンや野菜のうまみがたっぷりのスープに、市販のカレールーを加えれば、煮込まずに、そのまますぐにおいしいカレーとしても楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です