新陳代謝をサポートしてくれる低カロリーなキノコ。

ビタミンB群も豊富で、糖質の代謝をサポートしてくれるなどなど、
もうこうなると、食べない理由が見つからないですよね。

でも、意外と低カロリーに調理する方法が浮かばないって方も多いんじゃないでしょうか。

今回は忙しい朝でもほんとに簡単!4つの材料をレンジでチンするだけ
スペインのタパスをイメージした「キノコのレンジ蒸し」と、
作った「キノコのレンジ蒸し」を飽きずに食べれる、アレンジメニューを紹介します。

ダイエットしてなくても、カロリーや塩分を抑えたい方や、
パーソナルトレーニングなどで、食事制限をしている方、ベジタリアンの方にもおすすめです。
 

材料

  • エリンギ      1パック
  • 霜降りひらたけ   1パック
  • オリーブオイル   大さじ1弱
  • 塩         小さじ1/2

 

1.キノコは洗わずに食べやすい大きさにカットするか、手で裂いてレンジ加熱で使える器に入れる

2.塩とオイルを加え、よく混ぜたらラップをしてレンジ(600W)で1分温める

3.1度取り出し混ぜたら、もう一度ラップをしてさらに1分温めて完成!

+ グリーンオリーブで見た目のおいしさもプラスする

オリーブは「もう1個だけ」と、ついつい欲張ってしまいがちですが、
塩分が高いため一食につき3粒までで、なんとか我慢しましょう。

少しでも、満足感を高めるために、
種無しのオリーブ1個を3~4等分にスライスすると、いっぱい食べた気分を味わえます。

デパ地下で売っているような、アンチョビやガーリック、パプリカなどの入った
スタッフドオリーブを食べたくなるかもしれませんが、
ここは、ぐっと抑えて瓶詰のシンプルなグリーンオリーブを選択しましょう。
 

キノコがソースに変身!たんぱく質も一緒に摂れて満足感UP

オムレツは、ほんとだったらケチャップやデミグラス、ホワイトソースをかけたいところですが、
どれも糖質や脂質が高く、味が濃いので食欲を増進してしまい、おすすめできません。

このキノコのレンジ蒸しは、もともと味が付いていて、たまごとの相性も抜群!
ケチャップやソースがなくてもおいしく食べれるので、おすすめです。

さらに、オムレツを焼くときに、たまご2個に対して、
カッテージチーズを大さじ1程度加えると、
ふんわりした仕上がりになって、満足度もアップします。

オムレツ以外だと、レンジで蒸した白身魚に乗っければ低カロリーで夕食でも罪悪感なく食べれます。
ぜひ、パセリもプラスしましょう。
 

温めるだけでOK!マグカップでお手軽豆乳スープに

これぞまさに神トリオ!全部コンビニで手に入ります。
ちょっとコスパは劣りますが、今流行りのサラダサーモンでもきっとおいしいと思います。

   

チキンはほぐすのが面倒なので、ほぐしサラダチキンのパックがおすすめです。
大き目のマグカップや器にお好きなバランスで投入したらあとはレンジでチン!

夏は冷蔵庫で冷やして冷静スープとしても楽しめます。

チキンは、鶏ハムでもOKです。もちろんなければ入れなくてもOK。
お肉をプラスするときは、必ず調理済みのお肉を使い、生肉は控えましょう。
 

おろしポン酢を加えて、さっぱり和風仕立てに

もともと味付けは塩のみなので、和で楽しむこともできるんです。
大根おろしは消化をサポートしてくれるだけでなく、満足感もUP!

牛肉との相性もいいので、赤身の薄切り肉をしゃぶしゃぶにして加えてもおいしくいただけます。
 

まとめ

キノコは、油でいためると油を吸収しやすく、茹でてしまうと味も食感もいまいち。
しかも、低糖質ダイエット中は片栗粉も使えない。。そんなときに考えたレシピです。

動物性の油脂が入っていないため、冷めてもおいしく、冷蔵庫で2~3日保存も可能です。
ぜひ、常備菜のひとつとして活用してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です