赤ワイン香る大人のボロネーゼ

 
せっかく買ったのにちょっと好みじゃなかったり、
中途半端に余ってしまった赤ワインはありませんか?

そんな赤ワインがあるときは、定番のミートソースを大人の味にちょっとグレードアップしてみましょう!
ミートソースはたっぷり作って、1食分に小分けして冷凍保存でストックしておくと、
忙しい平日にの夜にも、サッと使えてとても便利です。

濃厚なミートソースはミルキーなモッツアレラとの相性も抜群なので、
ラザニアにアレンジしたり、ピザソースとしてアレンジしてもおいしくいただけます。

材料(4人分)

  • ひき肉(牛7:豚3)    250~300g
  • 玉ねぎ(中)       1個
  • にんじん(小)      1本
  • トマト缶         1缶
  • 赤ワイン         150cc
  • バター          10~20g
  • 小麦粉          小さじ2
  • タイム(ハーブ)     あれば少々
  • 砂糖           小さじ2
  • 塩            適量

1.玉ねぎとにんじんをみじん切りにする。玉ねぎ10に対し、にんじん8くらいの割合がベストです

2.フライパンに1の野菜とバター、塩2つまみを加えて焦がさないよう弱火で炒める

3.野菜に火が通り透明感が出てきたら、小麦粉を加えて炒める。この段階ではボロボロしていてOK

4.別の厚手の鍋でタイムとひき肉を10分程度中火でじっくり炒める。
この時、無駄な脂はしっかり取り除き塩で下味をつける

5.ひき肉に赤ワインを加え5分ほど煮詰めたら、タイムの茎を取り除き2を加えてなじませる

6.最後にトマト缶を加えて砂糖と塩で味を整えながら余分な水分が飛ぶまで煮込んで完成

POINT

  • 小麦粉はなしでも作れますがパスタソースにするときは入れたほうがまとまりがよくなります
  • 赤ワインは甘くないものがおすすめです
  • パスタは濃厚なソースに負けないリングイネやフェットチーネなどがおすすめです
  • 玉ねぎとにんじんは細かく刻むと味も見た目もおいしく仕上がります
  • 味付けの塩は一気に加えず、味を見ながら少しずつ小さじ1が目安です

余った赤ワインはこう使う!
赤ワインが余ってしまったときは、ミートソース以外では冬ならホットワイン、夏なら爽やかなシトラスのフルーツをプラスしてサングリアにするのもおすすめです。お酒に弱い方は、サングリアに少し炭酸水を足してもおいしくいただけます。

おいしさそのまま!正しい冷凍方法をマスターしよう
ミートソースは一度に倍の量で作って冷凍しておくと便利です。その際は「1食分」ごとに小分けして、タッパーなどに入れたらソースが空気に触れないようソースの面にぴったりとラップを乗せてからフタをして冷凍することで、冷凍焼けを防げるのでおいしく長持ちします。ぜひお試しくださいね。

レシピ写真の下のヴィンテージ感のある板は、実は壁紙を使ってます!
まるで本物みたいな木目調で、サッと1枚引くだけでおしゃれ感アップ間違いなしの便利アイテムです。
柄はSBA-3161を使用してます。

シンプルビーフパスタ もうちょっと簡単に作れるパスタならコレ!
シンプルビーフパスタのレシピは画像もしくはこちらをクリック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です