ちょっと、パラパラっとこれくらいの量を飾り用に使いたいのに、
いやいや、量多すぎやろw

と、毎回心の中でつっこんでしまうのは私だけでしょうか。

パセリの葉は水分が少なく葉が固いので、むしゃむしゃ食べるのにも限界がありますよね。

日本語検索すると、あの手この手の消費レシピがずらーっと出てきて、
オーブンで焼いて乾燥パセリに、てんぷらにするのがいいとか、天日干しなどなど。

ちなみに、海外ではどんな使い方してるのか気になりませんか?

英語サイトで検索してみたレシピと、今までに訪れたり住んだ国での経験や、
普段cooking classでお伝えしている、簡単でおいしく利用できる方法の中から、
良さそうなものを厳選してご紹介します。

1.パセリバター

パセリの量はそんなに必要ないので、「消費」というよりかは、単純に「おいしい」レシピです。

刻む → 混ぜる。たったそれだけで作れます。
デリークキッチンのcooking classでいつもお伝えしている使い方です。

バター約20g、きざみパセリスプーン1杯、にんにく半分。
これで、2人で軽く食べて一回使い切りの量です。

にんにくは、チューブタイプのものでも代用できますが、
すりおろすと、少量でも香りが強くなるので、入れ過ぎに注意してください。
あとは、室温で柔らかくしたバターに混ぜるだけです。

軽くあぶった薄切りのバケットに、
パセリバターとやみつきレバーペーストをたっぷり乗せて。。これが一番のおすすすめの食べ方です!
チキンや牛肉、白身魚との相性もいいので、お料理にも使えます。
冷蔵庫で4~5日は大丈夫なので、清潔な容器で保存しましょう。

2.オーブン、レンジ、天日干し不要!置くだけでできるドライパセリ

こんな風に荒めに刻んで、できるだけ重ならないように広げたら、
ラップをしないで冷蔵庫の一番上の段に置くだけです。

あとは1日に1~2回、清潔なスプーンで混ぜて元通りに広げるのを3日くらい繰り返すと、
色はそのまま、キレイなドライパセリの完成です。

※ キムチなど臭いのキツい食品が冷蔵庫にあるときはお控え下さい
※ 定期的に、もしくはやる前に冷蔵庫内の掃除をして清潔な状態でやって下さい

3.中東の万能調味料 ハリッサ(Harissa)

●「グリーンハリッサ」のレシピはこちら

ハリッサ(Harissa, هريسة)とは、チュニジアをはじめ中東やフランスなどでも食べられている万能ソースで、
赤い唐辛子のソースをイメージする方も多いと思いますが、グリーンもあります。
マレーシア在住時に日常的に食べてましたが、激辛にしなければ日本人の口にも合う、酸味のあるソースです。

ひとくちに「パセリ」と言っても、国によって種類も様々で、
イタリアンパセリみたいなフラットな葉のものを使ってる国が多く、
チャイニーズセロリという見た目も味もパセリに近いけど名前はセロリの野菜もあります。

どれも、たくさん消費できるレシピではなかったりするので、
味と手軽さと実用性を考えるとグリーンハリッサが一番しっくりくる感じでした。

その他、検索結果で多かったのは、ラムチョップのミントソースをパセリで代用したものや、
パルメザンチーズとオリーブオイルでミキサーにかけたり、
Japanese tempraとして、てんぷらの具で紹介されていたり(なんかちょっと違う気がする)、
ヨーグルトと合わせてソースにするレシピなどもありました。

やはり北アフリカやトルコギリシャ、イスラエルや中東では、
よく使う食材なので、タブレのようなサラダに具として使うレシピも多いようでした。

4.パセリ × ドライトマト × モッツァレラチーズでオムレツ
(2018.7.29に追加しました)

ドライトマトは1枚分をはさみで刻んで、パセリ(生でもドライでもOK)と一緒にたまご2個に混ぜます。
あとは、バターを溶かしたフライパンで、チーズを真ん中に具として入れて焼くだけ!

オムレツの形にするのが、ちょっとハードル高い場合は、
小さめのフライパンでスクランブルして、上にチーズを乗せたら、
パタンと2つ折りにするだけでも、十分にいい感じに仕上がります。

ドライトマトの塩分と旨み成分がたっぷりなので、塩やこしょうは不要。

これが朝ごはんで登場すると、テンション上がりますよね。

まとめ

ミントとかセージとかディルって、ハーブコーナーで、
安いスーパーでもだいたい150円~デパ地下スーパーだと1Pで400円くらいとかです。

そこに、このもりもりパセリも、同じパッケージで一緒に並べて、
他のハーブの半分くらいの値段で売れば、買う側も買いやすいし、
「余るからやめとこ」ってならない気がするんですけどねー。

きっと、そうできない大人の事情があってのこととは思いますが、ちょっと残念です。

または、簡単でちょっと目からウロコ的なレシピのQRコードとかパッケージに印刷してあると、
お料理好きな人は、作ってみたい欲をすぐられるし、助かるんじゃないかと思います。

余談でしたが、1~4のレシピを全部実践して、
一番初めの画像の大盛りパセリはすべて消費できます!
ご参考になりそうなレシピがあれば、ぜひお試しくださいね。

グリーンハリッサー ハリッサって一体どんな料理?
グリーンハリッサ のレシピは画像もしくはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です