生まれ育った国も、文化も、宗教も違う、外国人ダーリンができたとき、
もしくは、もうちょっとでできそうなとき、
あなたは、どんな料理を一緒に食べたいですか?

日本食と言えば、ラーメンや寿司のイメージですが、
自宅で作る普段の料理なら、特別な日本食より「普通においしいごはん」がよかったりしますよね。

そんなときにパパッと作れて、見た目もおしゃれな
レモン × オリーブ + プラスα の食材で作れる、お役立ちレシピ4品をご紹介します。

下記の4つのポイントで作れるレシピをご紹介します。

  • 住んでる国を問わず手に入りやすい食材で
  • 宗教上、多くの人がタブーではない「チキン」で
  • 嫌いって人をあんまり聞かない「レモン」とレモンによく合うオリーブで
  • できるだけ簡単に!

1.チキン + ピンクペッパー = ワインのおつまみにぴったり

レシピはここをクリック

●「グリーンオリーブとレモンのチキンソテー」のレシピはこちら

このレシピのおすすめポイントは、チキンステーキとしてお食事用に作ったり、
ちょっといろんなものをつまみながら飲みたいときのおつまみに、どちらでも応用できます。

鶏皮をしっかりパリッとするまで焼いて、余分な脂がオフされることで、
ヘルシーに食べれて、たんぱく質もしっかり摂れるので、
おいしいだけではなく、ジム通いやワークアウトが日課の彼に嬉しいレシピです。

2.パスタ + ささみ = 見た目もおしゃれなさわやかパスタ

●「ささみとレモンのシンプルパスタ」のレシピはこちら

アジア、アフリカ、ヨーロッパ、北米など、パスタは人種を問わず人気のメニューです。
鶏ハムのレシピを簡単な方法に応用することで、
ただ普通に塩こしょうするだけでは感じられない「旨み」がプラスされます。

「このチキン、おいしいね」なんて言われた時には、
すかさず「鶏ハムをアレンジしたんだよ」とアピールしちゃいましょう!

3.じゃがいも + スパイス = モロッコのタジン

●「レモンとチキンのモロッコタジン」のレシピはこちら

モロッコやフランスで食べられているシトロンタジン(レモンタジン)をベースにしたレシピです。
スパイスはクミンとターメリックしか使わないため、クセのない食べやすいスパイスタジンです。

お肉は一度焼いて、余分な脂と臭みを落としてから蒸すので、
ヘルシーながら満足感大で、作ったときに出る旨みたっぷりのスープは、
クスクスやピタパンとの相性もばっちりです!

辛い物OKの彼なら、ハリッサなど、味に変化のつけられる調味料を一緒にどうぞ。

4.キヌア + タコ = 体を鍛えてる人におすすめのバランスデリ

●「キヌアとタコとオリーブのデリ」のレシピはこちら

こちらだけは「チキン」ではないのですが、サラダチキンのように薄味のついたチキンでの代用もOKです。

いろんな食材で実験してみましたが、今のところ味も彩りもタコがベストです。
シーフードを食べる習慣のある彼だったら、軽めのランチや朝食にぴったりです。

特にスーパーフードのキヌアは低GI食品で、たんぱく質や食物繊維が豊富なので、
ヘルシー志向や食事制限中の彼にはおすすめのレシピです。

男性だけではなく、ダイエット中の女子もぜひどうぞ!
ベビーリーフなどのサラダで笠増しして食べると、バランスよく栄養補給できます。

まとめ

食べてくれる人を想いながら作る料理は、
作るほうにも、食べるほうにも幸せなパワーを与えてくれます。

おでかけデートも最高ですが、食材やお菓子を買い込んで、
おいしい手作りごはんとネットフリックスで、おうちでまったりデートもぜひ、試してみて下さいね。
 

あこがれの海外生活「日本食作って!」のリクエストにはこの3つ 「日本食作って!」のリクエスト、
寿司?ラーメン?何を作るか迷ったときはこのレシピ

あこがれの海外生活「日本食作って!」のリクエストにはこの3つの記事は
画像もしくはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です